俳優の玉木宏(30)が、2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」(松山ケンイチ主演、日曜・後8時)で清盛生涯のライバル・源義朝役を演じることが27日、分かった。義朝は清盛を語る上で不可欠なキャラクター。平安末期、平治の乱で清盛と対立して最期を遂げたが、武士を日本の表舞台に押し上げる先がけとなった人物だ。玉木は「功名が辻」(06年)、「篤姫」(08年)に続き、3度目の大河出演となる。

 玉木が松ケンの好敵手になる。玉木ふんする義朝は、貴族社会だった平安時代に武士を表舞台に押し上げる先駆けとなった武将。保元の乱で清盛と共闘したが、平治の乱で対立して敗れ、殺害されるまでライバルストーリーを展開した。また、のちに鎌倉幕府を開いた源頼朝、牛若丸こと源義経の父でもある。

 玉木は映画化もされたドラマ「のだめカンタービレ」のコミカルな演技から、現在放送中のフジ系ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」、映画「MW―ムウ―」で見せるシリアスな演技まで幅広い役柄ができる若手俳優の一人。テレビ局関係者の間でも「きちっとした芝居のできる俳優」と評価が高い。

 キャスティングについては、8月の制作発表会見で演出の柴田岳志チーフディレクターが「12年に最も生き生きとしている人たちを総動員したい」とコメント。30代を迎え、役者として演技に深みを増している玉木の起用は適役といえそうだ。

 源義朝といえば、これまでは歴史上でなじみの薄いキャラクターだったが、NHK関係者によると「清盛を語る上で、欠かすことのできない人物。玉木さんは、作品の二枚看板として物語を支えることになる」という。玉木が初共演の松ケンとどのような掛け合いを見せるのか、作品の見せ場となりそうだ。

 同作は、連続テレビ小説「ちりとてちん」(07年)の藤本有紀氏のオリジナル脚本。900年前の平安末期を舞台に、瀬戸内海の海賊退治で名を上げた青年時代から、平家一族を率いて栄華を誇るまでの清盛(松山)の波乱の生涯を描く。清盛が主役となるのは1972年の「新・平家物語」(仲代達矢)以来40年ぶり。来年8月にクランクインする。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101128-00000060-sph-ent から引用

これは楽しみですね♪

  • 高額エステ以上の除毛効果!スプレーリムーバー
  • ハラハラドキドキ恋愛ゲーム|僕は君に落とされる
  • ローズクォーツシャンプー|必勝モテシャンプー
  • モデルにも多数愛用者ダイエットスパッツ[ブラックターボ]
  • 話題のアバター占いで今日のあなたの運勢は?