ブログネタ
おすすめ映画 に参加中!
劇場版アニメ「ホッタラケの島 〜遥と魔法の鏡〜」(佐藤信介監督)が21日、公開初日を迎え、東京都内の映画館で同日開かれた舞台あいさつにヒロインの声を演じた女優の綾瀬はるかさんらが登場した。女子高校生・遥(はるか)を演じた綾瀬さんは作品を見て思わず涙したといい、「自分が小さいころを思い出したりして、遥と気持ちが重なったような気がしました。見終わって温かい気持ちになっていただけたらうれしいです」と話した。

「ホッタラケの島」は、忘れ去られた宝物「ホッタラケ」でできた不思議な島に迷い込んだ遥と、キツネのような島の住人「テオ」の冒険を描いたファンタジー。同作は4年前から企画されていたフジテレビ開局50周年記念作品で、「スカイクロラ」のプロダクションI.GがフルCGで製作した。遥の母役で戸田菜穂さん、友人の美穂役で谷村美月さんが出演しており、この日の舞台あいさつにも登場した。

 谷村さんは「動きがリアルで、それに綾瀬さんの声が合っていて、温かい作品だなと思いました」とにっこり。テオの声を担当し、綾瀬さんとアフレコを共にした沢城みゆきさんは綾瀬さんについて「なんてきれいな顔で芝居するんだろうって思いました。好きになりそうでしたね」と感心していた。

 舞台あいさつにはテオの着ぐるも登壇し、綾瀬さんらが“ホッタラケ”にしていた思い出の品をプレゼントするサプライズもあった。アニメは全国東宝系で公開中。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090822-00000006-maiall-ent から引用

CMの女子高生の遥がはるかちゃんに見えたのは私だけかしら!?